制度の目的

借入金や資金繰りで苦しむ中小企業の経営を、
支援機関(税理士や弁護士、金融機関)と共に、立て直すことを目指しています。

支援内容

経営改善計画のためにかかる費用(デューデリジェンス費用や投資費用)、
経営改善のために要した税理士や弁護士費用など、
経営改善支援センターが、総額の3分の2(上限200万円)まで負担します。

要件

・借入金の返済負担等の影響による財務上の問題を抱えている者
・自ら経営改善計画等を策定することが難しい者
・経営改善案が受入られて金融機関からの支援が見込める中小企業・小規模事業者

※ひとつの金融機関としか取引がない場合は、金融機関と保証協会の同意を必要とする。

お気軽にお問い合わせください。054-277-2525受付時間 9:00~17:30(日曜・祝祭日・毎月第2・4土曜日除く)

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。